釣りにキャンプ、そしてグルメの拠点として美国漁港海岸は最適だよ!

釣りにキャンプ、そしてグルメの拠点として美国漁港海岸は最適だよ!

みなさん!どうも!実はアウトドアの中で釣りだけは、ちょっとトラウマがあるなかちゃんです。学生時代に何度も何度も朝から晩まで釣りに付き合わされて、すっかり釣り嫌いになってしまったのです。でも、20年が経過して「のんびりと自分が好きなタイミングで始めて終われるならいいかな」って久しぶりに釣りに少しだけ興味が出てきているなかちゃんは、積丹町のの美国漁港海岸(キャンプ場)に二度目のチェックイ〜〜〜〜ン(伊藤英明風)してきたので、詳細を報告いたします!

■美国漁港海岸への道のり

札幌市中心部から積丹町美国へは、およそ78kmで一般道で約2時間程度の行程となります。どうしても札幌からだと市内の混雑に加えて、小樽市街も経由するため、どうしても時間がかかってしまいます。

往路は元気なのでさほど問題ないと思いますが、復路は高速道路を使用した方が疲労度が低いかもしれません。余市ICから札幌西ICまでで1,330円(ETC利用)なので、ファミリーキャンプであれば迷わず乗りましょう。

■キャンプ場データ

・住所/積丹町大字美国町字小泊

・開設時期/4月中旬から10月末

・チェックイン・アウト/なし

・料金/無料

・設備/トイレ、水道、自動販売機

・ゴミ/持ち帰り

・温泉/日本海ふるびら温泉しおかぜ

古平町新地町90-1   ☎︎0135-42-2290

大人550円 小中学生250円 幼児無料

■全体像を見ていこう!

入り口から右側に広がる駐車場スペース。扇型状に駐車場が広がっています。車中泊をするなら、一番奥の方に停めると静かで快適に眠れそうです。ただ、海が近いので波の音が常に聞こえます。気になる人は対策が必要でしょう。

こちらは駐車場の前に海がすぐ目の前に広がるため、ボートやカヤックの荷下ろししやすい場所が特に釣り人たちに人気です。ボートを積載した本格的な釣り人や、砂浜でバーベキューをしたりする人やデイキャンプが混在する面白いエリアです。

さて、入り口から左方向が、メインのキャンプスペースです。トイレと炊事場、市場と自動販売機があります。

立派なトイレ。定期的に掃除の方が来てくれているので清潔です。キャンプ場や道の駅、そして飲食店はトイレの清潔度が売り上げと比例するとかしないとか?と聞いたことがあります。特にキャンプ場は、トイレがキレイなのは本当に嬉しいですね。

トイレの裏側には、炊事場と足の洗い場があります。炊事場の蛇口はふつうの蛇口と違い、捻っている間だけ水が出るタイプのもの。そのため、汚れた食器類を洗うのがちょっと面倒です。そのため、あまり洗わなくていいような食事を選択した方がいいかもしれません。

ちょっと話はそれますが、ちょっとした豆知識コーナーです。

ご存知かもしれませんが、北海道には282の漁港(H26.4.1)があり、漁船の利用範囲によって、第1種から第4種までの漁港に分類されています。

その分類を見てみると

・第1種漁港:その利用範囲が地元の漁業を主とするもの(210港)
・第2種漁港:その利用範囲が第1種漁港より広く、第3種漁港に属しないもの(34港)
・第3種漁港:その利用範囲が全国的なもの(18港)
・第4種漁港:離島やその他辺地にあって漁港の開発、漁船の避難上特に必要なもの(20港)

このうち、美国漁港は第3種漁港となっています。第1種漁港と第2種漁港は北海道が整備を実施。第3種漁港及び第4種漁港は北海道開発局が整備を行っています。

美国漁港は昭和26年に第2種漁港の指定を受け整備が行われ、昭和58年に完了港となりましたが、平成6年より第3種漁港の指定を受け、平成14年度から「特定漁港漁場整備事業計画」に基づき整備を再開しています。

さて、この美国漁港海岸の看板を見てみると、管理者が北海道となっています。

おトイレの隣には、自動販売機と市場のプレハブがあります。昨年訪問した際は、後志産の果物や野菜が販売されていました。今回は7月中旬の平日、あるいはコロナ対策ということもあってかお休みになっていました。

メインのキャンプ地です。基本、芝生なのですが若干痛んでいたり、海の近くは砂が多くなっていたりします。所々に石があったりしますので、注意しましょう。

海側から眺めるとこのような感じです。中々広々としています。

防波堤からキャンプ場を見ると、海にいるようにすら感じます。ちなみになかちゃんは今回、ガヤを7匹釣り上げました!小さいので、すべてリリースしましたけどね。次回はもっと大きな魚が釣れたら嬉しいです。

■夏の積丹は素晴らしい!!

積丹の夏は素晴らしい。観光に海にグルメ。何でもあります。中でも積丹と言えば海です。積丹の海の色を「積丹ブルー」と表現するくらいですから。もう、北野ブルーか積丹ブルーかですよ・・・

積丹ブルーを満喫するなら、神威岬でしょう!

神威岬は先端まで歩いて行くと、結構大変。

でも一度は行ってみた方がいいです。中々の絶景です。

とりあえず、夏の積丹は海とウニ。これでキマリです。本当に最高に綺麗だし美味しいです。

■積丹の夏のグルメ

積丹の夏は、「ウニ丼のための季節」と言っても過言ではありません。夏に積丹を訪れる人々のほとんどは、ウニ丼を目当てにやってくるのですから。この時期を逃すと道民はウニ丼を食べれません。

国道沿いのお寿司屋さんは、ほぼほぼうに丼を目玉商品に掲げています。どこのお店もうに丼です。まぁ、基本どこのお店に入っても間違いはありません!

中でも、有名なのはふじ鮨田村岩太郎商店です。ふじ鮨さんは積丹の老舗のお寿司屋さんで、すすきのにもお店のある言わずと知れた名店です。一方、田村岩太郎商店は、朝獲れた「うに」を自ら掬って載せることができる丼「朝うにぶっかけというとんでもないうに丼を開発したお店なのです!

なかちゃんは昨年、田村岩太郎商店にお邪魔しました。この日は平日だったのでこの程度でしたが、週末にはベンチが物語るようにたくさんのお客さんが訪れて行列します。駐車場も当然いっぱいになります。もし、行くなら開店1時間前くらいには到着するのが正解でしょう。

朝うにぶっかけ丼は、その日の朝に漁がなければ食べることができません。当日は残念ながら漁がなかったので、ふつうのうに丼を頂きました!本当に美味しかったです。

上記のほかにも積丹にはたくさんのお店があるので、色々調べてみるのもよし、お店をハシゴするのもよしです。

■観光するなら水中展望船に乗ろう!

美国で観光するなら、船でしょう。積丹水中展望船 ニューしゃこたん号

すぐ隣の美国漁港から出発するので、歩いてでも行けます。

美国港~黄金岬~ゴメ島~宝島を約40分で回ります。船上からは面白い形をした岩やダイナミックな海岸線、そして船底のガラス越しには北海道唯一の海域公園を泳ぐ魚やウニを見ることができます。

料金は大人1,600円、子ども800円です。詳細は上記HPまで。

■まとめ

以上、美国漁港海岸について紹介しました。食材の仕入れについては、徒歩圏内にセイコーマートがありますし、町内にもスーパーマーケット等はあります。新鮮な地元の海の幸を買えるお店もあるようですが、品揃えは若干の不安があります。自分の気に入ったお肉やお魚を食べたい場合は、素直に札幌や小樽で購入しましょう。

積丹町には、美国漁港海岸のほかに美国小泊野営場があります。こちらは美国漁港を眺めることができる高台にあり、漁港海岸とはまた違った趣です。ただ、階段を登って荷物を運ばざるを得ないのが難点です。受付にもなっている味処しゃこたんでうに丼や海鮮丼を楽しみ、キャンプするとのいうのもいいかもしれません。

最後に、美国漁港海岸のように素晴らしいキャンプ場が使えなくならないように、きちんとゴミは持ち帰り来た前よりキレイにして誰もが「美国漁港海岸でキャンプしてよかった!」と思えるようにしたいものです。

キャンプ場カテゴリの最新記事