アウトドア用チェアは、キャンプスタイルに合ったものを買うべし!

アウトドア用チェアは、キャンプスタイルに合ったものを買うべし!

みなさん!どうも!キャンプに行ったら、ほぼ椅子に座っているなかちゃんです!キャンプ行ったら、チェアに座ってタバコを燻らせて(今は吸わないけど)、キンキンに冷えたビール(下戸なんでコーラ)をグビグビと飲んで、肉をかっ喰らう(肉もいいけど魚も美味い)のが最高ですよね!そこで重要になってくるのが、長時間座っていても疲れない快適なチェアが不可欠なのです。そこで今回は、2代目のチェアであるロゴスのあぐらチェアについて、インプレッションします!



■初代コールマンチェアの不満点は・・・

このロゴスさんの椅子ですが、2代目の椅子です。初代は定番のコールマンのイスです。

定番だし、それなりにリーズナブルだったので買ったんですね。何回か使っていると、このチェアは太ももの下にパイプが通るタイプで、しばらく座っていると圧迫されて痛くなってくるんですよね。

このようなタイプのチェアでした。

「なんとかならないかな?」と思って、クルマで使っている低反発の座布団を敷いてみたりしたんですけど、やっぱりパイプの圧迫には勝てないようでした。

そこでアメニティドームSを買うタイミングで、新しいチェアに買い替えました!

■キャンプスタイルに合ったチェアを買おう!

ソロ用のテントを探していた際、某家電量販店でスノーピークのアメニティドームSを初めて見た印象は「結構、ちいさいなぁ。さらに低い」でした。フォルムはアメニティドームですし、美しいのですが、すっごいコンパクト。Mと比べたら、おもちゃみたいな感じです。そうは言っても、ホンモノのソロ用と比較したら大きいですが。

そして

ソロ用にはピッタリです。ただ、チェアやテーブルは低いものの方が全体的にフィットしそうです。もし、背の高いチェアとテーブルでアメドSを使うとなれば、タープを張ることで全体的なバランスが取れそうです。

タープとのセットならこちら

そして、こちらがあぐらチェア。アメドのSには丁度いい高さ。

話を戻すと、なかちゃんはアメドのSを中心に据えて、お座敷スタイルとすることにしました。

ユニフレームの焚き火テーブルは、高さがお座敷スタイルにピッタリ!

ソロには16Lくらいで丁度いいかなぁと思ってる。

■チェアは座るべし!

お座敷スタイルに合うチェアはどれだろう?

チェアはやっぱり座らないとダメです。座面の張り具合やポールの位置、背もたれの角度など好みのチェアを探すのは、意外に大変なのです。

コールマンを始め、スノーピーク、ユニフレーム、ヘリノックス、そしてスポーツショップのオリジナルブランドまで色々座りました。そこで最終的に決定したのがロゴスの「あぐらチェア」。座椅子に少し足がついた感じのチェアです。お尻の下にポールもないし、背もたれも高くゆったりできます。

■ロゴス あぐらチェア

実際、あぐらチェアは天井の低いアメドにはちょうどいい。不満点はほぼないんだけど、挙げるとしたらロゴスの、折りたたんだ時に意外に大きいのが少し気になる。あと、柄のデザイン。ちょっと派手かなと。ロゴスさんのテントになら合うんだろうけど。アメドにはちょっと浮くような気もする。でも、写真を見たら気にするほどでもないかも?カバーとかあれば、いいのにね。

解決策としては、大きい車に買い換える、小さい椅子に買い換えるってことになるんだろうけど、そこまでの不満はないし。

色合いとしたら、こっちの方がいいね。ハイバックだし、昼寝にはピッタリです!

全体として、すごく満足のいく商品でした。

■それでも、欲しいチェアは出てくる

なんでだろう?なんでだろう?なんでだ、なんでだろう?

特に不満はないのに、新しいものが欲しくなるのはなんでだろう?

ちょっと懐メロですかね?懐メロって、言わないのかな?リズムネタだし。テツトモさんはリズムネタなのか、ちょっとわかんないけど。ま、人間の欲望っていうのはキリがないものでして。困ったものです。

■スノーピーク

やっぱりですね、アメニティドームを買ったらチェアもスノーピークにしたくなるんですよねぇ。

特にローチェアは、まずカッコイイ。その次に座ってみると、またこれが座り心地がいいんです。お尻から背中にかけてのフィット感がたまらないのですよ。ずっと座っていたくなる感じ。家で使いたい椅子です。値段はそれなりにしますけど、壊れてもスノーピークさんは修理してくれるんで、一生モンだと思えば安いモンです。今年こそ狙ってます。

■ヘリノックス

やっぱり、ヘリノックスもいいなぁって思ったりするんです。小さくて軽いし、座りごごちも素晴らしい。ただ、類似品も多いからヘリノックスじゃなくてもいいかなとか、お値段もそれなりにするからなぁと、現状はそんなイメージ。小さめの車やツーリングにはピッタリ。冬はカバーが売ってたりするので、あったかい。



チェアワンよりもっと低いのが、グランドチェア。名前の通り、より地面に近いのですね。深めのシートになっているので、座ったときも楽チン。

■コールマン

これ、友達が持ってたチェアなんですけど、高さも変えれるし座り心地も中々。色々なキャンプスタイルに合わせられるのが、ポイントですねぇ。パイプがお尻の下を通ってないので、痛くならない。ちょっと折りたたんだ時に、大きい気がします。

■キャプテンスタッグ

流石、鹿番長!同じようなローチェア系で、このお値段。もう、流石としか言いようがないですねぇ。雰囲気や機構はロゴスさんと同じ感じなのかな。シンプルなデザインで、どんなテントにも合いそう。

WEJOY

初見のメーカーさんだったんですけど、ローチェアとしてはなかなか良さそう。リクライニングするし、フルフラットのベッドにもなるみたい。肘掛もウッドでオシャレ。ただ、収納が折りたたみ式なので、移動や収納時に結構な場所を取るのが難点かと。

■まとめ

良さげなローチェアを探してみましたが、ローチェア自体が案外少ないのかねぇ。もっと、ありそうな気もしたんですけどね。ただ、ヘリノックス系のローチェアはかなりの数があるんです。人気ですからねぇ。組立の機構も簡単だから、仕方ないんでしょうけど。

個人的にはあぐらチェアの次は、スノーピークのローチェアが欲しいです。たぶん、家でも使います。ちょっと置く場所を考えないとならないけど。

皆さんも、それぞれのキャンプスタイルにあったチェアを見つけてくださいね!