秋はやっぱり寒かった!秋冬キャンプに向けて、防寒対策をまとめたら12個になりました!

秋はやっぱり寒かった!秋冬キャンプに向けて、防寒対策をまとめたら12個になりました!

みなさん!どうも!11月に初めてキャンプに行ったなかちゃんです!天候が良くない日々が続いていたんですが、なんとか雪の前に秋キャンプに行けて満足しております。しかし!流石、北海道の11月は寝る時思いのほか寒かったんです。今回は就寝時の実際の寒さ対策と今回の経験を踏まえての対策について紹介します!

◼️流石に11月の北海道はどう?

11月上旬の晴れた日中はとても快適。気温は18度位で太陽の日差しが気持ちいい。テントを設営していたら、ちょっと汗ばむくらい。

今回は久しぶりに寝袋で寝てみようと思って、ロゴスさんの寝袋を持参しました!「え?なかちゃん、今まで何で寝てたの?」って思いました?

実は、ニトリさんの毛布みたいな布団を愛用してました。素人みたいでしょ?でも、これが快適なんですよ。圧迫感ないし、寒かったらすぐに毛布追加できるし、何しろあったかい。やっぱ布団最強

その暖かさに実績のある布団をお休みして、今回は久しぶりに寝袋で寝てみようと11月の北海道で挑戦してみたわけです。

結果はいかに?



 

◼️寒さに挑んだ強者たちを紹介します

今回のキャンプで着ていった服、そして寝具を紹介します。

【服】

・長袖シャツ(UNIQLOヒートテック)

・フリース(mont-bell)

・ダウンベスト(mont-bell)

・タイツ(不明)

・ジャージ(プーマ)

・ベンチコート(adidas)

・カイロ(桐灰)

【寝具】

・マット(カインズホーム)

・寝袋(ロゴス 2度まで対応)

・毛布1(ニトリNウォーム)

・毛布2(ニトリ薄手の毛布)

さぁ、この子達と寒さに挑戦します。

◼️経過を見ていこう!

さぁ、それでは朝までの経過を時系列で見ていきましょう。

・19時・・・ご飯も終わって周りは真っ暗なので、映画でも見よかと寝る準備を。下はタイツにジャージ、上はヒートテックにフリース、そしてその上にダウンベスト着ています。そしてシュラフに入ります。この段階では寝袋に毛布1を入れただけ。テント内の気温は9度。毛布のおかげであったかいです。

・21時・・・アマゾンプライムでの映画鑑賞も終わってお手洗いに。気温はさほど変化なし。体感はちょっと寒くなった感じ。首が寒いので毛布1を追加する。ここで念のためカイロを貼っておく。

・0時・・・寒いとトイレが近くなります。気温は7度!ベンチコートを着てお手洗い。そして、寒くなりそうな予感がしたので着たまま就寝。流石に寝袋がキツイ。

・3時・・・ちょっと目が覚めたので気温を確認すると、3度。寒くはないけどかなりの圧迫感が。眠気に負けて入眠。

◼️満足点

・とりあえず寒さで眠れないってことはなく、朝まで寝れた

・今のシュラフの限界を知れた

・冬のキャンプはもっと厳しくなることを再認識できた。

◼️反省点

・インナーは厚手のシャツにするべきだったかも。ヒートテックは超極暖を買えば良かった

・シュラフの快適温度は、プラス10度は見込むべし。暑くても寝れるけど、寒いとマジで寝れない。

・着膨れするとやっぱり疲れる。ベンチコートは余計だった。

・直接は関係ないけど、結露が凄かった

■防寒対策を考えてみたぞ!

【服の強化】

1・・・暖かいインナー/ユニクロの超極暖とかモンベルとかのメリノウール

2・・・厚めのフリース/ユニクロのフリースかモンベルとかの厚めのフリース

【シュラフの強化】

1・・・インナーシュラフ/汗や皮脂から、寝袋本体に付着する汚れを抑えてくれたり、寒い時期にはより暖かくなることが期待できる。

2・・・シュラフカバー/ダウンシュラフは結露等で濡れたりすると、保温性が下がるし防寒対策にもなる。

3・・・毛布/コスパと快適さが最強!嵩張るのだけが難点

4・・・高機能寝袋/もう冬登山用シュラフを購入。リミットー15度とかを買っちゃえば、これだけでたぶん大丈夫

【熱源の導入】

1・・・カイロの導入/最強のカイロ「マグマ」を買えば、多分結構いけるはず。

2・・・湯たんぽの導入/昔からの先人の知恵。ちょっと大きいので寝袋の中で使うならミニサイズがいいかも。低温やけどに注意。

3・・・電気毛布の導入/オートキャンプ場の電源サイトなら電気毛布を利用することで、ぬくぬく快適な睡眠がお約束されることでしょう。高出力バッテリーを持っている方なら、通常のキャンプ場でも大丈夫。

4・・・ガスストーブの導入/お手軽なカセットガスが使えるということで、最近のヒット商品。テント内の使用は厳禁。

5・・・石油ストーブの導入/スノピのストーブは超カッコイイけど、やっぱりお高い。コスパいいのはやっぱり普通の石油ストーブ

【テントの強化】

1・・・テント2重作戦/テントの中にテント。カンガルー方式。タープもいらない。

 

■まとめ

もう、ここまでしてキャンプがしたいの?って気も正直するんですけど、好きな人は実際、冬でもキャンプしますからねぇ。なかちゃんも頑張って挑戦してみたいけど、もう少し準備が必要な状況です。近いうち、「冬キャンプに行って来たよ~!!」ってちゃんと報告しますね!

でも、寒い中で無理してキャンプすると体を壊しちゃうんで、万全の対策をしましょうね!

キャンプでの悩み事カテゴリの最新記事